快適生活を演出する「暮らし、家事、収納、インテリア、生活雑貨、料理、美容、健康、ダイエット」に役立つ裏ワザ、ノウハウ情報をあなたにお届けします!
カテゴリー  [ おいしい紅茶の入れ方は? ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おいしい紅茶の入れ方は?

快適生活通販ショップ「comfortpia」です。


快適生活情報ブログでは、

快適生活をテーマに、暮らしに役立つこだわり情報をお届けします。

----------------------------------------------------------------------

冬の味覚、カニの王様「タラバガニ」を格安価格でご賞味下さい!

詳しくは → 快適生活通販ショップ「comfortpia」

----------------------------------------------------------------------


------■ おいしい紅茶の入れ方は?

秋本番ですね。

まさに、読書に、スポーツに、勉強に、食欲に・・・

 
  
さて、前号では、おいしいコーヒーの入れ方でしたが、

今回は、紅茶です。



では、おいしく紅茶をいただくには・・・

簡単です。


紅茶は、茶葉を機械でもんで作ります。

そのプロセスで茶葉は丸くなって細かくよられた状態になります。

この茶葉が、浮いたり沈んだりすると、

徐々に開いて、閉じ込められていた香りやうま味がお湯の中に登場します。


ですから、茶葉をうまく浮かせたり沈ませたりさせることがポイントです。


ということで、

対流しやすい丸形ポットを使用しましょう。

加えて、95℃前後のお湯で入れましょう。


1 お湯を沸かしている間にポットは温めておきましょう。

2 予熱用のお湯をすてて、茶葉をポットに入れましょう。

3 お湯の表面が激しく波たち大小の泡が浮かんできたら火を止めましょう。

4 勢いよくポットにお湯を注ぎ込みましょう。

5 お湯は蒸気が逃げないように注ぎ口の付け根まで入れましょう。

6 茶葉の浮いたり沈んだりがおさまり沈んだらOKです。

7 うま味は底にたまっているので、やさしくひと混ぜしましょう。

8 それでは、カップに注ぎましょう。



------■快適生活情報ブログあとがき

ティーパックの場合はどうでしょうか。

ズバリ、深めのカップを使用します。

茶葉が浮いたり沈んだりするための深さが必要だからです。

あとは、カップにお湯を注いでからティーパックをやさしく入れます。

ティーパックの中でも、お湯の対流で茶葉が浮いたり沈んだりします。

そして、しばらくして沈んだら飲みごろというわけです。
スポンサーサイト
◆ 無料ネットショップ開業
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ Rakuten Ranking
最新記事
QRコード
QRコード


南アフリカランドFX