快適生活を演出する「暮らし、家事、収納、インテリア、生活雑貨、料理、美容、健康、ダイエット」に役立つ裏ワザ、ノウハウ情報をあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【シカク・サンカク・マネー術】気が付いたらいつのまにか3000万円が貯まる方法

お世話になります

 消費税増税や公的年金の削減など、将来に向け生活を取り巻く環境は厳しくなるばかりです。所得(給与)が伸びなくなって、これまでの生活スタイルをダウンサイズして考えなければならないと言われるようにもなりました。このような厳しい環境に上手に対応するために、今、何をすべきか、社会保険労務士でファイナンシャルプランナーの井戸美枝さんに、今後の生活術について聞くことにしました。

※タイトルアイコンの「□×△(シカク・サンカク)」は、「まもるお金(□)」と「ふやすお金(△)」を上手に組み合わせ、無理なく現在の生活を楽しみながら、同時に将来にも安心な貯蓄を作るためのマネー活用術を表しています。

――貯蓄に回せるお金ができた場合、いくらの貯蓄を目標に貯めていけばよいのですか?

 お金の使い道によって資産運用を考えることが大切だと思います。私は、貯蓄のお金を3つに分けて考えるようにしています。

 ひとつは「つかうお金」です。キャリアアップのために自分に必要な投資や、旅行など今を楽しむために計画的につかえるお金として、出入りが自由な預貯金の口座に入れておきます。また、病気や事故で2-3日入院するようなことがあるかもしれません。そんな時に「当座のお金」としてすぐに使うお金も必要になります。手取り収入の6カ月分から1年分を目安に貯めます。

 2つめに、「まもるお金」というのがあります。使う予定のあるお金です。たとえば、子どもの学校の入学金などです。これは、安全性を重視して運用します。5年先に入学するのであれば、入学時期に応じた年限の債券を購入するのは、ひとつの方法です。他にも、住宅購入の頭金、子どもの結婚資金のような長期間で準備することが可能な場合は、投資信託の積立などを活用することもおススメです。これからは、ボーナスが一段と不安定になってくることが考えられるので、「まもるお金」を考えるときは、毎月の積立をベースとして考え、ボーナスを当てにしない方が良いと思います。

 そして、3つ目に「ふやすお金」があります。ズバリ「老後の備え」です。家計としては、少なくとも3000万円を目標に貯蓄をしていきたいものです。これは大きな金額なので、収益性も考えながら長期に運用していくことが大事です。今の時代は、預貯金の金利ではお金が増えません。私は、投資信託を使って毎月コツコツと積み立てていくことを提案しています。生命保険で貯蓄するという考え方とは違って、投資信託であれば、もし、突然にお金が必要になった場合は、取り崩すこともできます。また、毎月の積み立て金額も自在に変更ができます。ライフステージの変化に合わせて、その都度見直しができるというのが良いと思います。毎月コツコツと積み立てることで、市場変動リスクを分散することもできます。

――どんな投資信託でも大丈夫ですか?

 投資信託は現在4000本近くの商品があるので、この中から、貯蓄の商品として相応しい商品を選ばなければなりません。投資信託を選ぶときには、まずはコストについて十分に調べることを薦めています。保有中にかかるコスト「信託報酬」は、低い方がいい。長い期間続けたい投資信託ですから、あるテーマに沿って集中投資するような投資信託もふさわしくありません。できるだけコストを抑え、運用効果が期待できる商品を選ぶように心がけたいとアドバイスしています。流行の「毎月分配型」は、分配のたびに税金が差し引かれるデメリットがあるので、長期の運用には不向きです。

――家計の新しいルールとは、家計を合理化した上で無理なく貯蓄できる資金を見つけ出し、毎月コツコツと貯蓄する習慣をつけるということですか?

 そうです。重要なのは、シェイプアップしただけではダメで、その後の貯蓄を無理なく続けることなのです。これまでは、家計の見直しというと、保険料を見直して月々の支払いが少なくなったということで終わってしまいがちでした。浮かせたお金が「使途不明金」になっただけというリバウンドも多いのです。しかし、これからの社会情勢を冷静に考えると、将来の備えは絶対的に必要なことです。家計を見直して捻出できたお金を、将来のためにコツコツと積み立てていくということを併せて実行することが大事なのです。これが、「新しい家計のルール」です。

 特に家計のシェイプアップを考える場合は、ローンと保険の見直しが大事です。ローンはできるだけ組まない。保険は小まめに見直すこともできるシンプルな保険を選ぶことです。

 そして、貯蓄は3つのパターンで考える。中でも、これから重要になるのは、老後の備えなので、できるだけ早い時期から、コストが安い投信による毎月積み立てを始めることが大切だと思います。

 「ふやすお金」を考えると、投資信託について早くから始めることは老後の生活を安定させることにも役立ちます。年金をもらう生活になってからも運用しながら取り崩すというスタイルであれば、対応できる期間が長くなります。

<3000万円を運用しながら毎年100万円取り崩した場合のグラフ図版>

 30代や40代など若い方々には老後のことは遠い将来のことのように感じるかもしれませんが、「お金のふやし方」について早い段階から考えて運用していくことで、将来も豊かにできます。時間を味方につけて長期にものごとを考えてみましょう。

【ここがポイント】
◎家計をシェイプアップしてできたお金は強制的に貯蓄に回す
◎ふやすお金は、低コストの投資信託で毎月コツコツ積み立てる



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120213-00000003-scn-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



お待ちしています。
[ 2012/03/26 18:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 無料ネットショップ開業
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ Rakuten Ranking
最新記事
QRコード
QRコード


南アフリカランドFX