快適生活を演出する「暮らし、家事、収納、インテリア、生活雑貨、料理、美容、健康、ダイエット」に役立つ裏ワザ、ノウハウ情報をあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

尖閣購入計画「誰かがやるべき話だ」 石原知事、記者団に改めて強調

 【ワシントン=石元悠生】東京都の石原慎太郎知事は17日午後(日本時間18日未明)、ワシントン市内で、尖閣諸島の魚釣島、北小島、南小島の買い取りを明言したことについて、「言うべきことを言っただけの話。でも、誰かがやらなければいけない話だ」と改めて強調した。同行記者団の取材に答えた。

 石原知事は、都の尖閣諸島の買い取りに領有権を主張する中国が反発を強めていることに対し、東シナ海で領海侵犯を繰り返す中国を激しく批判。

 批判の矛先は、中国への刺激を避けたいため対策を十分にとっていなかった日本政府にも向けられ、「日本の実効支配に過激な行動をすると宣言している中国に何で政府が反発しないのか、よく分からない」「これは半分ぐらい(中国による)宣戦布告みたいな話、もっとしっかりしてもらいたい」と述べた。

 また、藤村修官房長官が、必要な場合は国による尖閣諸島の購入もあり得るとの認識を示したことには「さっさとやればよかったんじゃない。持ち主が国は信用できないから、東京都ということだったんですが」と受け流した。

 石原知事は、尖閣諸島購入後に中国艦船が領海侵犯した場合は「そりゃ、国家に対応してもらう」とも。都議会には次期定例会で説明する意向を示し、「尖閣諸島は豊(ほう)穣(じょう)の漁場で、漁場支援の開発をやったらいいと思う。何をやるのか、都民に考えてもらい、それで足りなかったら国民に考えてもらえばいい」との考えを示した。

 一方、白紙に戻すとした「新党」結成については、「帰国したら白紙に戻してみんなで考えようということ。人に引きずられてやるほどバカじゃない。自分のことは自分で決めるよ」と語気を強めた。

 石原知事はこの日、米シンクタンクを訪れ、ラリー・ウェルチ元米空軍参謀総長やポール・ジアラ元国防総省日本部長らと面会。横田基地の軍民共用化問題などで意見を交わした。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120418-00000505-san-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/18 09:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 無料ネットショップ開業
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ Rakuten Ranking
最新記事
QRコード
QRコード


南アフリカランドFX