快適生活を演出する「暮らし、家事、収納、インテリア、生活雑貨、料理、美容、健康、ダイエット」に役立つ裏ワザ、ノウハウ情報をあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

覚醒剤使用の元朝日記者に有罪判決 東京地裁

 自宅で覚醒剤を使ったとして、覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われた朝日新聞元記者、新谷祐一被告(33)の判決公判が18日、東京地裁で開かれた。下山誠裁判官は「安易に覚醒剤の薬効を求め、刑事責任は軽くない」として懲役1年6月、執行猶予3年を言い渡した。

 この日が初公判で、新谷被告は「間違いありません」と起訴内容を認め、検察側は論告で「規範意識が鈍磨し、再犯の恐れがある」として懲役1年6月を求刑。弁護側は「反省しており、更生意欲は高い」として寛大な判決を求め、即日結審した。

 下山裁判官は判決理由で「複数回使用したことがうかがわれ、覚醒剤との親和性が認められるが、罪を認め反省している」と述べた。

 判決によると、新谷被告は2月15日ごろ、東京都江東区の自宅で覚醒剤を使った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120418-00000581-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/18 18:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 無料ネットショップ開業
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ Rakuten Ranking
最新記事
QRコード
QRコード


南アフリカランドFX