快適生活を演出する「暮らし、家事、収納、インテリア、生活雑貨、料理、美容、健康、ダイエット」に役立つ裏ワザ、ノウハウ情報をあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どう接種する? 不活化ポリオワクチン

 不活化ポリオワクチンの定期接種が、9月から始まる見通しとなった。ただ、接種開始時期やワクチン接種歴によって、子供が接種する不活化ワクチンの種類や回数は異なり、現場での混乱が懸念される。23日の「不活化ポリオワクチンの円滑な導入に関する検討会」で示された、不活化ワクチン導入方法の厚生労働省案をまとめた。

 現在、国内で承認手続きが進められている不活化ポリオワクチンには、単独ワクチンと、DPT(ジフテリア、百日ぜき、破傷風)との4種混合ワクチンの2種類がある。単独ワクチンは、4月中にも承認され、国家検定などを経て9月に導入される見込み。一方、4種混合ワクチンも11月には導入される見通しとなっている。

 厚労省案によると、不活化ワクチンはいずれも、初回免疫として3回、追加免疫として1回の接種が必要になる。

 対象年齢は、現在使われている生ワクチンと同様、生後3か月以上90か月未満と設定する。定期接種として実施するには、この間に4回の接種を終えなければならない。
 一方、接種間隔や標準的な接種年齢は、DPTワクチンに合わせて定める。初回接種(3回)はそれぞれ20-56日、追加接種(1回)は初回接種から6か月以上の間隔を置かなければならない。標準的な接種年齢は、初回接種が生後3か月以上12か月未満、追加接種が初回接種終了後12か月以上18か月未満。

 ただ、経過措置として導入後3年程度の間は、56日以上の間隔が空いても単独不活化ワクチンの接種を受けられる。

■既接種者は「計4回」接種
 ポリオワクチン、DPTワクチン共に1回も接種していない人は、4種混合ワクチン導入までの間は、単独不活化ワクチンと既存のDPTワクチンを接種する。導入後は4種混合ワクチンを接種する。
 DPTワクチンを1回でも接種したことがあり、ポリオワクチンの接種歴がない人は、単独不活化ワクチンを4回接種する。

 生ポリオワクチンを1回接種している人は、計4回となるよう不活化ワクチンを接種する。国内未承認の不活化ワクチンを輸入した医療機関や海外で接種した人も、計4回になるように不活化ワクチンを接種する。これらの人については、すでにDPTワクチンを1回以上接種している人がほとんどだと考えられるため、原則として単独不活化ワクチンを使用する。

 生ワクチンの定期接種(2回)を終えている人への、不活化ワクチンでの追加接種は不要とする。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120424-00000003-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/24 18:43 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

-
管理人の承認後に表示されます
[2012/04/24 18:56]
◆ 無料ネットショップ開業
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ Rakuten Ranking
最新記事
QRコード
QRコード


南アフリカランドFX