快適生活を演出する「暮らし、家事、収納、インテリア、生活雑貨、料理、美容、健康、ダイエット」に役立つ裏ワザ、ノウハウ情報をあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

館山事故、ブレーキ痕なし「50キロで」と供述

 千葉県館山市で27日朝、児童らの列に軽乗用車が突っ込み、館山小1年の男児が死亡した事故で、現場にブレーキ痕がなかったことが27日、館山署への取材でわかった。

 同署は自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した同市館山、飲食店アルバイト大河原央徹(ひろゆき)容疑者(20)の容疑を同致死に切り替えて調べている。

 同署によると、軽乗用車は雨の中、保護者やほかの児童とともにバス停で路線バスを待っていた同市大賀、山田晃正(こうせい)君(6)をひいた直後にブロック塀に衝突し、山田君を車体の下に巻き込んだまま約25メートル引きずった。

 近くの女性店員(23)によると、近所の男性たちが車を持ち上げ、山田君を引き出したが、すでに意識がなかったという。

 現場の制限速度は時速50キロで、大河原容疑者は調べに対し、「仕事のことを考えていた。時速約50キロで走行していた」などと話しているという。事故後の実況見分では、ブレーキ痕は見つかっておらず、同署は、前方不注意で道路をはみ出した大河原容疑者が、山田君をはねた後にもブレーキを踏まなかった可能性があるとみて調べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120427-00001212-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/28 09:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 無料ネットショップ開業
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ Rakuten Ranking
最新記事
QRコード
QRコード


南アフリカランドFX