快適生活を演出する「暮らし、家事、収納、インテリア、生活雑貨、料理、美容、健康、ダイエット」に役立つ裏ワザ、ノウハウ情報をあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

母になったペネロペ・クルス、今後は家庭優先 映画出演は「年に1、2本に」

 [映画.com ニュース] 俳優で夫のハビエル・バルデムとの第1子を出産後、ウッディ・アレン監督の最新作「To Rome with love(原題)」で復帰した、ペネロペ・クルスがHarper’s Bazaarのインタビューに応じた。

 クルスは1歳になった息子レオナルドの母親として満ち足りた生活を送っているようで、ライフスタイルの優先順位が変わったと話す。「今後映画(出演)は年に1本、2本以上にはしないつもり」。そして、最も理想的な1日は「家族と浜辺で過ごすこと、それ以上のことはないわ」と語る。

 「20代の頃より30代の方が幸せよ」と話すクルスは現在37歳。同誌表紙のほか、セクシーなドレスに身を包んだグラビアも掲載されており、クルスは産前と変わらぬ見事なプロポーションを披露している。

 アレン監督がイタリア・ローマで撮影した「To Rome with love(原題)」は、クルスのほか、アレック・ボールドウィン、ジェシー・アイゼンバーグ、エレン・ペイジ、ロベルト・ベニーニ、ジュディ・デイビスらが共演する。6月22日に全米公開。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120429-00000006-eiga-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/30 03:57 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

-
管理人の承認後に表示されます
[2012/04/30 04:11]
◆ 無料ネットショップ開業
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ Rakuten Ranking
最新記事
QRコード
QRコード


南アフリカランドFX