快適生活を演出する「暮らし、家事、収納、インテリア、生活雑貨、料理、美容、健康、ダイエット」に役立つ裏ワザ、ノウハウ情報をあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生活保護受給者の情報、区役所職員がブログに

 大阪市は1日、旭区役所で生活保護を担当する保健福祉課の女性嘱託職員(55)が、インターネット上の個人ブログに受給者の男性1人の個人情報を書き込んでいたと発表した。

 職員は男性に謝罪し、ブログを閉鎖した。

 市は職員の解雇を検討する。

 発表によると、職員は昨年4月に採用された。受給者宅を訪問して生活実態を把握する業務に就き、その内容を日誌代わりにブログに書き込んでいた。今年4月7日、「懸案だった人」というタイトルで、前日に初めて訪れた受給者の男性の姓を明記し、「気難しい方と思っていたが、普通に話をしてくれて感謝です」などと感想をつづっていた。

 ブログの読者が市に通報のメールを寄せ、発覚。職員は「備忘録のつもりで、他人に閲覧できない設定にしていたと思い込んでいた。深く反省している」と話しているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120501-00000924-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/05/01 18:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 無料ネットショップ開業
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ Rakuten Ranking
最新記事
QRコード
QRコード


南アフリカランドFX