快適生活を演出する「暮らし、家事、収納、インテリア、生活雑貨、料理、美容、健康、ダイエット」に役立つ裏ワザ、ノウハウ情報をあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<金第1書記>6幹部の粛清取り消し 正日体制の判断覆す

 北朝鮮の指導者、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が今年2月、先代の金正日(キム・ジョンイル)総書記時代に粛清された国家機関の幹部らの粛清の是非を捜査機関に再調査させ、その結果、少なくとも6人について「粛清の理由が見当たらない」として処分を取り消していたことが分かった。朝鮮労働党指導部に近い複数の関係者が毎日新聞に明らかにした。金第1書記は「慈愛」を前面に出した施策を進めており、求心力アップを図るのが狙いとみられる。ただ、側近らに対する締め付けや中朝国境での取り締まりは続けており、硬軟両面による統治の実態が浮き彫りになった。



 関係者の話を総合すると、金総書記存命中に、国内の治安維持にあたる人民保安省の第1副局長がスパイ罪で告発され、銃殺刑が確定した。総書記の死去後、副局長が上司に反省文を提出し、自らのスパイ容疑を改めて否定する一方、「自分もかつて罪のない人民を摘発してきた。確かに自分にも罪はある。銃殺刑が相当である」と告白した。

 これが金第1書記に報告されると、金第1書記は今年2月、人民保安省に再調査を指示。その結果、「過激な忠誠心から罪のない人民を摘発したりしたが、スパイ行為をした形跡はない」と報告され、銃殺刑は破棄されて、副局長の名誉は回復された。

 同様に「再教育」や「地方送り」などの処分を受けた十数人について、金第1書記が再調査を命じ、少なくとも5人の処分が撤回されたという。

 党指導部に近い関係者によると、金第1書記は側近に「わが国にこんなに多くの悪人がいるわけがない」「悪人ばかりならば、わが共和国(北朝鮮)は社会主義国家として存続していないはずだ」との見解を示しているという。この関係者は「『恐怖』をちらつかせながら統治してきた将軍様(金総書記)とは違い、金大将(金第1書記)は『慈愛』を掲げた統治を進めているため、党幹部らの人気も高まっている」と指摘する。

 金総書記存命中は、独裁体制を維持するため反乱や暴動を抑え込む方法を取り、住民に対する監視を強めて、スパイや敵対者の摘発に力を入れてきた。党幹部らの処分については、金総書記の意向を受けた李済鋼(リ・ジェガン)党組織指導部第1副部長(2010年6月死亡)が決め、指示を出していたという。

 李済鋼氏と関係の深かった党幹部は「李済鋼氏の死後、執務室から大量の決裁書が見つかり、その大半が『銃殺』などの重い処分だった。部下から『再教育相当』と報告されても、それには耳を貸さなかった」と指摘。「(北)朝鮮全土で最近、李済鋼氏批判が巻き起こっている。ただ粛清は李済鋼氏の独自の判断ではなく、将軍様に責任が及ばないようにした結果だと思う」と証言している。【北朝鮮問題取材班】

 ◇解説 「遺訓貫徹」宣言逸脱のジレンマ

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は最高指導者就任直後から、治安機関などに、生活苦により不平不満の声を上げる住民を処罰しないよう訴えてきた。その後も「人民愛」「慈愛」を強調した施策を次々に打ち出しており、今回の「粛清再調査」もその一環のようだ。指導者としての実績の乏しさを「慈愛」によって補おうとの意図がうかがわれる。

 金第1書記は、資本主義的手法の取り入れを含めた経済論議を促すなど、大胆な国内改革を模索しているとみられる。先月13日の長距離弾道ミサイルの発射失敗を潔く認めたのに加え、就任早々に肉声を披露した。北朝鮮内部でも「変化」に対する期待感が高まっているようだ。

 ただ「慈愛」政策を次々に繰り出すことは、父親の金正日(キム・ジョンイル)総書記が進めてきた「恐怖による統治」のひずみを露呈させることにもつながる。金第1書記自身が権力継承の際に宣言した「金総書記の遺訓貫徹」から逸脱することになり、権力継承の正統性が否定されかねない。金第1書記は側近らによるクーデターに強い危機感を抱いていることも判明し、国内や中朝国境の取り締まりを強化しているとの情報もある。

 金第1書記は遺訓を踏襲しつつ、国内改革に踏み出せるか。その整合性をつけることが迫られている。【北朝鮮問題取材班】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120502-00000009-mai-int
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/05/02 03:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 無料ネットショップ開業
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ Rakuten Ranking
最新記事
QRコード
QRコード


南アフリカランドFX